ロスカット男のFX復活日記

世界大恐慌でロスカットを味わう。苦い経験から奮起する姿を日記につづります
2017 051234567891011121314151617181920212223242526272829302017 07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

なんでエントリー出来ないかわかりました 12/25(金)追加あり


今日は、実は午前中にチャートオン
したのですが、よく考えるとクリスマス休暇ですね。
私のツールは取引が止まってました。残念


今週のまとめは明日しますが、
昨夜終わりの状態でチャートから感じることを少し書きます。

イサム先生のブログでも書かれていますが、
まずはユーロが日足平均を割ることなく終わってます。
ドルの調整も終わった感じです。
この辺りのことはイサム先生のブログで見ることにして。

昨日の動きなど、対円という意味で3通貨揃っているような気がします。
気がするだけです。違う意見もあると思います。

ドルだけが日足で上の方ですが、今までずいぶん下だったので、
直近のデータがボリバンでは上の方になってるだけで、多分後数日すれば、
ボリバンの傾きが右肩上がりになって、平均くらいになってくるはずです。

また、ポンドは一昨日の指標でポンドだけ下がったですよね。
何かしらその影響があるので、少し動きがおかしかったもの、
及びクリスマス休暇と言ったところ。

ということで来週からは新展開と思うのですが、
いかんせん年末にかかりますのでその辺りが何ともです。
ちょうど秋口に入る頃に似ているのではと思ってます。

なんの信憑性もない、ロス男の勝手な思いですので。
皆さんはどう思われますか?

今夜はクリスマスですね。
我が家ではとりあえず、ケーキを家族で食べますよ。
ただそれだけですが・・

明日、今週のまとめアップしますね。
字ばかりですいません。


以下が本来の記事です。
昨夜から、明けてもうクリスマスの日。メリークリスマス
ですが、私は「くるしみます」です(だじゃれですいません)。
実は、一昨日からノートレードです。

今夜もまだ仕事しながらのチャート見です。
(今年はカレンダーの関係で、今週中に上げないといけない案件が
まだ残ってます

で、動かない一昨日は仕方ないとして、
昨夜エントリー出来なかったことを反省していました。

下図が、12/24後半のポンド円5分足です。

20091224_5.jpg

1つわかったことは、値動きがあるのですが、1つ1つの動きが
20~30pips幅で、上げ下げしながら動いていることです。

図を見れば、レンジ相場が斜めになっているような感じです。
で、チャートからの抵抗値等を見つけにくかったことです。

このことは、下図時間足では平均上から平均割れし、-2σ近くまで下げ、
その後平均越えまで動いていますが、それぞれのロウソクで
上下のヒゲが結構出ていることからも伺えます。

20091224_6.jpg

もう1つは、この時間足見てわかるのですが、時間足平均や-σが
抵抗やサポートと機能していることがわかりにくいということです。

つまりは、私のトレードは抵抗値等が見つけにくい時には弱いということです。

以上が反省内容です。

一応、今度こういう状態があればどうするかの対策も検討しました。
それは、またブログでご紹介する機会があると思います。

ということで、また横目でチャート見ます。


===== 特集(過去の期間掲載記事)はこちらから =====
→→→  「損切りについて」
→→→  「私のトレード」
→→→  「メンタルについて」
→→→  「私のトレード環境」


私の先生のブログです
イサム先生無料でFXを教えてくれますよ
イサムのFX初心者研修会
私も研修生です人気ブログランキング(現在4位付近です)

12/28までの期間で研修生募集されています。今がチャンス


まだまだ駆け出しですがポチっと応援お願いします
人気ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人へ

はげまし、「おまえあほか」、「私はこうしてる」・・・なんでも結構です、
ご意見くださいね。


スポンサーサイト
[ 2009/12/25 02:10 ] ブログ | TrackBack(0) | Comment(11)
投稿ありがとう。
指摘してもらってわかったのですが、やはり「いい加減」というのは間違っていると思うのです。で、記事を出しましたよ。

あのコメントですが、RSIとかツールに付属のテクニカル指標について書いたつもりでした。ボリバンもそうですが、サンプリングの期間で変わりますよね、ボリバンはイサム先生にあわせるように塾生はしていると思いますが、たぶん他のツールのパラメータはデフォルトで使われていると思ったのです。

私思うに、スウィングで検討に使うテクニカルな分析は、単なるテクニカル指標ではなく、もっと相場全体を把握し、推定するものと思います。

ですからたぬきさんが書いてくれる投稿は、具体の事例があって、自分でチャートを見ながら追いやすく、追いながら手法を勉強することができて、私にとっては新鮮なものです。
もちろん推定できたからと言って、結果をトレードで用いる時は、相手が活きたそうばですから、更にいろんなことを考えないといけないと思いますが、テクニカル指標のサイトはあっても、たぬきさんの書いてくれるような手法の説明のサイトは少ないです。また、あっても検証など読んでいると複雑で、途中で読むのをあきらめてしまうようなサイトが多いです。

そういう意味では、私にとってはたぬきさんの投稿は貴重ですので、たまにで良いので始めに表明してくださったように再開して欲しいと思ってます。

おそらく、そう思っている人はたくさんいらっしゃると思います。私がそうであったように、たぬきさんの投稿がなければ、下手すると一生そういう手法を、また、スィングトレードのことを知らない方がたくさんいっらしゃると思います。

再開を楽しみにしております。
[ 2009/12/25 02:42 ] [ 編集 ]
ロス男さん、おはようございます、kohyaです。
一昨日からポンド円は動きませんね。
ドル円とユーロ円は動いても、ポンド円だけが
動かない展開が長いですね。
ユーロ円が日足平均線上に陽線を形成し、
米ドル円が91.50を守っているのに、
ポンド円は逆に下がる展開が多く、
これも調整なんでしょうかね。
先週のユーロ円の動きに似ている気がします。
エントリーのきっかけに悩みましたが、
ポンド円とユーロ円が日足平均線、
米ドル円が91.50を維持しているうちは、ロングで
短期決済と決めてトレードしました。
小刻みに7回トレードし、計40pipsゲットしましたので
上々です。何よりプラスですからね。
上は146.30、下は145.70辺りのレンジとみて
146.10付近でエントリーし、損切りは146.00、
決済は146.15を越えたらと割り切りました。
22:00から146.00を割り込むことなく反発していることから
下値抵抗と判断しました。
146.30付近を上値抵抗としてのショートも
ありえるのですが、為替全体が
円安に動きつつあるので、ショートは
しない方針でした。何とか損切りに引っかかずに
昨日を終えました。寝た後4:00前に146.00を切り
145.40まで下がっていたのでラッキーでした。
プラスに終わったことに加えて、
7回のトレードをロス男さんのように
損切り-10pipsに抑えることができたのが
収穫でした。
[ 2009/12/25 10:20 ] [ 編集 ]
kohya様
投稿ありがとう。
こつこつやってますね、りっぱですね。
昨日は時間足で見るときれいに動いていますが、
記事でも書いた斜めのギザギザ(表現は悪いですが)
今思うと、取りやすかったかもです。
仕事もあったのでノートレードでした。

> これも調整なんでしょうかね。
あまり分析力はないのですが、勝手な意見ですが、
ドルの調整は終わったような気がします。
日足でのレート位置の違いはあるのですが、昨夜はユーロとドルなんかは
同調して動いていたような気がしますので、ドルのイサム先生が言う調整は
終わった気がしています。

クリスマス、年末時期にかかっているので何とも言えないのですが、
日足でのレートの位置の差があるものの、円高具合としては同レベルになった気がします。
月足で見てみてください。そんな気がしませんか?

日足でドルだけ上にいるのは、25日データのボリバンですから、今までが低かったので
統計上は今、上にあるだけと思います。この状態がもう少し続けば、ドルも日足で平均付近に
近づいて、3通貨揃う気がします。

後、ポンドだけ少し違うのは、一昨日ですか、英国の指標でポンドだけ下落していましたよね。何かポンドが売られる理由があったわけでその辺の影響+クリスマス休暇ではないか。
などと思ってます。

あくまでもチャートから受ける感じです。

クリスマス休暇、年末は、動きが減るそうですが、突然大きく動いたりするようです。
よく見ておかないといけないようですよ。

また、投稿待ってます。
[ 2009/12/25 18:32 ] [ 編集 ]
いつも丁寧な解説ありがとうございます。
ロス男様の一生懸命さが伝わってきて、たいへん近親感が沸いてきます。私は、今まではあまり複数の通貨を同時にみるということはしなかったのですが、イサム様やロス男様のブログを見させていただいて、その大切さがだんだんわかつてきたような気がしてます。
私も最近ようやく、抵抗線支持線を意識してのトレードができるようになってきました。ただ、その線をブレイクされたときのソンギリ幅には、まだ迷いがあります。今は6Pぐらいです。
ポンド円の場合なら、エントリーからなら10Pは超タイトですね。かなり、ひきつけないとなかなか難しいですね。ソンギリの荒らしにあいそうです。
私の検証によれば、チャートの大きなノイズを避けるなら50Pは必要かな・・と思います。しかし、これでは利幅が100Pぐらい粘らないと損小利大にはならないですね。
ということで、最近は全部で15から25Pの幅を考えています。
あせってINしないように、我慢我慢ですがね。
ロス男様の10Pはどんな根拠からですか。ブレイクポイント(抵抗線・支持線)からは何Pでしようか。私はタイトでも10Pぐらいかな。。。という感じですね。




[ 2009/12/26 00:29 ] [ 編集 ]
ロス男さん、こんばんわ、kohyaです。
ロス男さんからの返信とブログ記事から
私が思ったことも書かせてもらいました。
よくわからないことも多く、多分勝手な思い込みか
だとは思うのですが……。
月足見てみました。なるほど米ドル円だけが
-1σの下に位置しています。だから米ドル円だけが
円安に向けて出遅れていたのですね。
また、月足の-1σが91.56(エース交易)であることから
イサム先生が指摘している大節目91.50は
月足の-1σだったのかもしれませんね。
それからロス男さんの分析によると
米ドル円の日足ボリバンは今は+1σだけど
数日すれば、同程度のレートでも傾きで
平均線辺りに位置するようになると解釈したのですが、
私には全くなかった視点でしたので
とても参考になりました。
私的には、米ドル円はある程度の調整が
なったので(イサム先生の受け売りです。)、
しばらく膠着になり、
ユーロ円、ポンド円が日足+1σを越えた時に
上方向に動き出し、逆に日足平均線を割り込んた時に
下方向に動き出すのではないかと思っています。
12/22の10:00の高値は、
米ドル円91.47、ポンド円147.06,ユーロ円130.71
でした。週のクローズ時点で、米ドル円は維持し、
ポンド円は下がり、ユーロ円は上がっています。
この間ポンドだけが上値を上げていないので、
ポンド円は円安の流れに乗っていないと思います。
かといって平均足サポートもあり、大きく下げる
こともなかったので、下にいこうとしているとは
思わないのですが……。ですから、ポンド円の上昇待ちの
ような気がすると勝手に思っています。
ユーロ円はある程度上昇しましたが、
日足+1σの目標があるので、
まだ上昇余地があると思います。
ポンド円とユーロ円は、日足平均線と
+1σの中間でクローズしていますので
来週はどちらに進むのかよく確かめてから
エントリーしたいと思っています。
あれこれ考えて思い込みが過ぎても墓穴を
ほるので、ポンド円もユーロ円も米ドル円に
追いついたらいいな程度に考えておきます。
以上、私の多分思い込み分析でした。
読まれた方、的外れになったときに
笑わないでくださいね。
大切なのは、自分なりに方向性を予測するのだけど、
思い込みで慌ててエントリーしないことと、
逆に動いたときの心の準備をしておくことだと思います。
[ 2009/12/26 00:37 ] [ 編集 ]
たぬき様
投稿ありがとう。

トレード環境はほんとに人それぞれですね。
1時間ではすぐですね。
わかりませんけれど、クリックしてくださる方は、結構な人数ですので、
投稿こそ来てませんが、たぬき様同様にスウィングされている方いらっしゃると
思いますよ。
繰り返しでも歓迎、新しいのを仕入れるのも歓迎です。

それと私は、ともかく損が少なくなるように一生懸命やっているのです。
ただそれだけで、とても完成した手法などと呼べるものではないです。
この3日ほどはノートレードでした。どこで入れて良いかわからないので、
控えていたら、日が経っていたという有様です。

今年も後少しです。ぎりぎりまでやります。

また投稿お待ちしています。
[ 2009/12/26 04:16 ] [ 編集 ]
シャトル様
投稿ありがとう。
私もつい7月頃まではポンド円の5分足のみで上昇してたらロング、
下がっていたらショートみたいなトレードでした。
イサム先生に巡り会ってから今のように更正できましたよ。

損切りは、その人のトレードの仕方で変わると思います。
私の設定は、2週間くらいトレードのメモを取って決めましたよ。
大きめの損切り幅でエントリーしてから、勝ち負けかかわらず、
精算までに逆方向にどれくらい動いたかとか清算後にどうなったかなどをメモし。
週毎にトータル最大となる損切り幅を計算してみました。

この検討のおかげで、自分がどんな時にエントリーしているかやエントリータイミング
の良い悪いがわかりました。
ですから単に損切り幅を設定しただけでなく、エントリータイミングも含めて
決めたということです。

たとえば、ある程度の幅を持たすと、一旦逆方向に向かってから持ち直して勝つこと
がありますよね。実際、その時も率としては多かったのです。
で、その時どのくらい逆に行ったか見ると結構20や30逆に行ってました。
ということは持ち直して勝つより、20~30逆方向に行った時にエントリーした方が
勝ちが大きくなるわけで、そういうエントリーが出来ないかと探りました。

背景には、1トレードで20~30取ろうというのが目標ということもあります。
エントリーのこつは、入れて直ぐに、ある程度プラスになるような、勢いのある
時に入れるのです。ロウソクがぐっぐっと延びるときです。

損切りはほんとに人により変わると思います。また、へんに変更するとメンタル面にも
影響します。しっかり検討するのは損がないと思います。実トレードの傍らでデモで試す
なども良いかもです。

また投稿待ってます。
[ 2009/12/26 11:24 ] [ 編集 ]
kohya様
投稿ありがとう。
昨日の記事は、分析といえばかっこいいのですが、
チャートが止まっていて、無念過ぎたし、記事が書けないので
思わず書きました。
分析と言うより、気が付いた点をそれらしく書いたのです。
あまり得意でないです。

でも、やはり普段チャート見て相場の感じを掴もうとしている
のは確かです。ただ、普段は体でやってます。
5感というか・・

何か方針持って、タイミング待っていたらそれなりに「ぶれ」なく
トレード出来ますよね。実際に感じたとおりの相場かどうかは別として
必ず上下しますから、どこかで思ってたのと同じ局面が来ることも
ありますものね。

要は、kohyaさんも書いているように、思いこみでエントリーせず、
チャートで確認できれば実行するということと思います。
逆向きの準備もしかりです。

あと、ボリバンって上手くできてますね。いくつかあげると
・1つの通貨で時間足の平均が日足の+σでかつ週足の-σになってるとか
・ある通貨の平均が、他通貨の+σに相当するとか
そういうときもあるということですが・・・

ブログの方は年末年始も書きますので、また投稿待ってます。
[ 2009/12/26 11:44 ] [ 編集 ]
たぬき様
拍手の方見ました。
少し時間が経ってますが、ご要望どおりしますね。
でも、追加投稿でその旨書けばとも思います。
飲みながらされていることなど、たぬきさんの知らざれる面もあったので
もったいない気がしましたよ。

また、投稿待ってます。
[ 2009/12/26 11:53 ] [ 編集 ]
こんにちは。
来週の予想、楽しそうですね。
私も、参加させて、頂きますね。
チャートを見て予想するということは、とてもよいことだと思います。
間違ってもいいから、続けることだと思いますよ。

イサム塾では、今、ドル円が話題になっていますので、
今日は、ドル円について書いてみたいと思います。
91.50をサポートして、上に上がれば、円安になるという事ですね。
91.50は、ボリバン週足平均及び月足ー1σですね。
これが5分チャートなら、サポートされているか、抵抗を受けているかを調べる為には、
最低、ローソク2本から4本観察が必要だと思われます。
2本の場合は 2×5分で10分
4本の場合は 4×5分で20分 観察が必要ですね。
しかし、実際には、週間足なので、ローソク1本を書くのに1週間必要ですので、
検証には、2-4週間かかることになります。
イサム先生も、検証に時間がかかると、おっしゃっていますのも、この理由からだと思います。

では、ボリバンを使用していない人たちの、円安になるポイントは、どこでしょうか?
いろいろ調べたところ、1番多いのが、10月27日の高値92.32を明確(一瞬ではダメみたいです)に
上に抜けたら、円安になるという意見が1番多そうです。
よって、私は円安になる条件は、第一関門91.5 第二関門 92.32と考えています。

目先は、このまま92.32挑戦するのか?又は、
押し目も作らないで、グングン上がってきましたので、このあたりで調整(反落)して
押し目を作り、再度、91.5 と 92.33に挑戦か?ですね。
このあたりは、確率は半々だと思っています。
もし、1度反落して、再度、挑戦の時、91.89を上に抜けなければ、91.89が目先天井になる可能性があります。

では、ドル円1時間足を見てみましょう。
最近の高値は91.89
安値は91.10 ですね。
これが、1時間足の上下の抵抗値になりますので、
以前お話しました、私のストップは売りの場合は91.89の少し上、買いの場合は91.10の少し下に入れます。
このどちらかの値を抜けると、その方向に動くと思います。
上なら、92.33挑戦ですね。
下なら、いい例題になりそうなので、いくらぐらいまで下がるのか?
いつもの方法で計算してみたいと思います。
今回も使用するのは
イサム先生抵抗値
チャートパターン(今回はダブルトップ)
フィボナッチです

では、抵抗値は
+1σ 90.77 くらい
平均足 89.04 くらいですね

チャートパターンは、仮に、このまま下がって行きますと、
左山91.89 右山91.76   ネックライン91.10の変形ダブルトップになりそうですので
91.89 - 91.10で約80P
目標 91.10 - 0.80で 90.30 ですね

フィボナッチは
87.34と91.89の
0.382押し 90.15
0.5押し   89.61
0.618押し 89.07

もう1つ
88.84と91.89の
0.382押し 90.72
0.5押し   90.36
0.618押し 90

上から整理してみます
90.77
90.72
90.36
90.30
90.15
90
89.61
89.07
89.04
もし、本当に調整が起きたのなら、90円lowくらいが私の予想です。
では皆様来週もがんばりましょう。





[ 2009/12/26 14:44 ] [ 編集 ]
たぬき様
投稿ありがとう。
90.3は覚えときます。
いつもながら、追えるように書いて頂いてありがとうございます。

ようやく、ドルとユーロの同調も見られたので、ドルの方の抵抗値等も意識
しないといけないな、です。

肝心のポンドが、少しなんというか、へんですが・・・・

年末休みにたぬきさんの投稿をページにまとめるつもりです。
良いですよね。

投稿待ってます。
[ 2009/12/26 15:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

☆ロス男の取引手法レポート☆
『ロス男流         .
スキャルピングのススメ』

レポートプレゼント☆

取引準備から、実際の取引手法・ロス男の考えるFX上達のコツなど、約15ページに渡るレポート
☆GETのための条件はコチラ
ロス男と呼んでください

ロス男

Author:ロス男
私ことロスカットマンは、昨年のサブプライムショックであやうく財産を失いかけたのです。理由は「ロスカット」つまり損切りをしなかったのです。
その後、復活をかけて(資金がないので)デモトレードで研鑽するが、それでも勝てなかったのです。
もんもんとしていたところ、あるブログに巡り会えました。
「イサム」さんです。
イサムさんの研修を受けてわかったのですが、これまでのトレードがいかに甘かったか。
今ではようやく自分の相場観らしきものが持て、勝てるようになりました。
まだまだ、甘い点が多く、戒め、励みとして、自分の相場観をブログにつづろうと思う次第です。

☆注目口座☆
FXトレード・フィナンシャル「FXTrade」
全記事表示リンク
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。