ロスカット男のFX復活日記

世界大恐慌でロスカットを味わう。苦い経験から奮起する姿を日記につづります
2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

11/16(月) 続編


その後、戻し売りがうまくいったのでそのトレードを紹介します。

午後の記事で、上がりだしたが様子見としていましたが、
このままブレークするとは思わなかったのです。

それは、下図、ユーロとドルの時間足を見てください。
ポンドが上がり出したときは、それぞれ矢印の位置でした。

20091116_4.jpg
20091116_5.jpg

ユーロは+σ越えにトライドルは平均値にトライ

ですが、ともにそれまでの数時間は+σや平均値が上値抵抗として機能して
いると見たのです。

ユーロ、ドルはここで反発を受け下がるのではと見ていたのです。
ユーロやドルに引っ張られてポンドも下がるなら、戻し売りを狙おう
ということです。

で、下図5分足で下がり出しました。
①で売り、①’で精算。
約40pipsゲット思った予想があたったのがうれしい

20091116_3.jpg

レンジのままなら見送りですが、このように動けば、取り組みようがありますね。
うまくいきました。

後で気が付きましたが、値幅が狭いのですが、
このトレードも時間足平均値をまたぐトレードでした。
(時間足でご確認くださいね)

更に今、この後の上昇をトライしています。
もうすぐ時間足平均値越えにかかりそうです。


私の先生のブログです
イサム先生が無料でFXを教えてくれますよ
イサムのFX初心者研修会

私も研修生です人気ブログランキング(現在4位付近です)


まだまだ駆け出しですがポチっと応援お願いします
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者本人へ 人気ブログランキングへ

はげまし、「おまえあほか」、「私はこうしてる」・・・なんでも結構です、
ご意見くださいね。



スポンサーサイト
[ 2009/11/16 20:37 ] ブログ | TrackBack(0) | Comment(7)
40P獲得おめでとうございます。
さて、「心のゆとり」、いい言葉です。
私に足らないのは、このことかもしれません。
一度負けると、取り返そうと思って、あせって、エントリー。負けパターンです。数回負けが続くと、また負けるのではないかと、新規注文のクリックボタンを押すことが出来ないこともあります。そんな時にかぎって、もし、その注文が成立していたら、勝っていたことも、よくあります。
メンタル面も鍛えなければ、いけないと痛感しました。
さて、私は、イサム先生塾の研修生になって、まだ日が浅く、3週間です。勝ちパターンのトレードスタイルもまだ、決まっていません。今は、イサム先生のおっしゃるように、自分に合った、トレードを模索中です。
毎日、考えるようになって、少しは、上達したような気がします。ブログの更新楽しみにしています。


[ 2009/11/16 22:38 ] [ 編集 ]
タヌキ様
投稿ありがとう。
>一度負けると、取り返そうと思って、あせって、エントリー。負けパターンです。数回負けが続くと、また>負けるのではないかと、新規注文のクリックボタンを押すことが出来ないこともあります。そんな時に>かぎって、もし、その注文が成立していたら、勝っていたことも、よくあります。

私も同じです。これではFXをしているというより、FXに飲み込まれていると思いました。

で、たまたまイサム先生のメルマガ見て、抵抗やサポートがあるのだなぁと知りました。
でも、そんなものあてになるのかなぁ、というのが知らなかった頃の考えでした。

いろいろ質問していたら、先生から「エントリー時の精神的優位」という言葉をもらいました。
単に、気を強く持つということではなく、それなりの準備をすると言うことだと気づいたのはもう少し
あとでした。

抵抗値やサポート値がある程度見えてくると、
①チャート開けたときに、相場の状況を見るようにし、
②抵抗値やサポート値の把握を先に行い
③把握した値が最大限活用出来るエントリータイミングを待つようになり
④そのタイミングが来たときは最小限の損切り設定で、
  抵抗値等の5~10pips逆。
⑤逆に行ったときもどこまでは、と準備するのですが、ほとんど逆に行かない
 タイミングでエントリーが出来る
といったエントリーが出来るようになりました。

①~③で待っていると、バクチ的なエントリーをしなくなり、タイミングが来るのが楽しみで
早く来ないかな、という感じ。
これがエントリーに際する「精神的優位」だと今では思っています。

まず、抵抗値を見つける、それの活用を考える、それでタイミングを待つ!これだけです。
これだけでエントリー時に、準備万端です。反対に進んでも最小損。
これならメンタル面は、苦痛と言うより、楽くなります。

スタイルは人それぞれですが、何でも情報交換しましょうね。
またの投稿お待ちしています。
[ 2009/11/16 23:24 ] [ 編集 ]
16日にポンド円の平均線を越えたのでエントリーしました。するとそこから下がり30pipsのストップにやられました。
この場合しょうがないのですか?それともそれでも入り方が早いのですか?いつもストップにやられて損切り貧乏になってしまいます。
[ 2009/11/17 08:45 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/11/17 11:36 ] [ 編集 ]
roko様
いくつかコメントもらってます。まとめて返信しますね。
・まず、コメントの承認のことですが、送って頂いたコメントをこちらで(管理者)承認しないと
表示されないようです。先ほど全部承認しましたので表示されていると思います。

・5分足ですが、11/10のブログにトレード環境を書いていますが、1分足、5分足は、値動きの
勢いや躍動感を見ます。また、1トレードの時間が10分から数時間ですので、その間を見るには
5分足がちょうど良いので5分足はエントリー用です。
で、5分足にボリバンは、飾り(無いと寂しい)で、5分足の抵抗値はあまり役に立たないのです。
統計をご存じならわかると思いますが、サンプリングしているデータが直近短い時間のものです。
抵抗値やサポート値を探るには、トレードの間有効なもっと強い値で無いと困ります。
それで、抵抗値等は1時間足や日足で読みとるのです。ですから、そちらはしっかりとボリバン
使ってます。これでわかりますか?不明ならまた聞いてください。

・後、16日のトレードですが、何時頃エントリーされましたか?
平均値がサポートないしは上値抵抗になっているのを確認されていますか?
その辺をコメントしれてください。わかる範囲で見てみます。
コメントお待ちしています。
[ 2009/11/17 13:41 ] [ 編集 ]
・後、16日のトレードですが、何時頃エントリーされましたか?
平均値がサポートないしは上値抵抗になっているのを確認されていますか?

とありますが、だいだいエントリーは午前中が多いです。
イサム先生もサポートないし上値抵抗を見なさいって書いてありますが、どこまで待つのかわかりません。
ロウソクだと何本待つとかありますか?
[ 2009/11/17 21:47 ] [ 編集 ]
roko様
投稿ありがとう。
30pips!良かったですね。一緒ですね。

エントリーですが、こればっかりは相場次第ですよね。
こちらがやりたいと思っても、値動き無ければ何も出来ないですよね。

ブログ書き始めて、駅で電車待ち、休憩、・・・少し時間あったらチャート開けるようにしています。
そのおかげか、タイミングに恵まれています。

エントリー待ちですが、自分で決めたねらいのタイミングが来るまで待ちますよ。
「様子見」です。
東京市場の間になくても、ロンドン、NYとなゲラが変わりますものね。
その都度相場見てねらいを変えます。
タイミングが来なければ、エントリーしないことだってあっていいと思います。

なにげなくエントリーするのは、バクチと思います。
最近ほとんどしなくなりましたよ。
[ 2009/11/17 22:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ最上部へ

☆ロス男の取引手法レポート☆
『ロス男流         .
スキャルピングのススメ』

レポートプレゼント☆

取引準備から、実際の取引手法・ロス男の考えるFX上達のコツなど、約15ページに渡るレポート
☆GETのための条件はコチラ
ロス男と呼んでください

ロス男

Author:ロス男
私ことロスカットマンは、昨年のサブプライムショックであやうく財産を失いかけたのです。理由は「ロスカット」つまり損切りをしなかったのです。
その後、復活をかけて(資金がないので)デモトレードで研鑽するが、それでも勝てなかったのです。
もんもんとしていたところ、あるブログに巡り会えました。
「イサム」さんです。
イサムさんの研修を受けてわかったのですが、これまでのトレードがいかに甘かったか。
今ではようやく自分の相場観らしきものが持て、勝てるようになりました。
まだまだ、甘い点が多く、戒め、励みとして、自分の相場観をブログにつづろうと思う次第です。

☆注目口座☆
FXトレード・フィナンシャル「FXTrade」
全記事表示リンク
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。